​慧光寺の新型コロナウィルス対応について

44FCCAC6-C278-4C13-BBC6-C579DC008974_1_1

慧光寺の新型コロナウィルス対応(2021年8月15日更新)

ひとりひとりが繋がる大切ないのちを守ために以下の対応を行っております。何卒ご理解ご協力のほどお願い致します。

慧光寺宿坊はご利用いただけます。

宿泊は基本的に一部屋ひと家族、又は一部屋ひとりとなります。

ご来寺にはマスク着用をお願い致します。

PCR検査、抗体検査などを一定期間内に受けられた方、健康状態に問題のない方はご自身の判断によりマスクを外していただいて結構です。

​豊かな森で出来立ての酸素を堪能してください。

 

ご来寺に際しましては​ご連絡を頂きましての対応とさせていただきます。アポなしのご来寺はお断りいたします。

ご来寺2日以内に37.5度以上の発熱をされた方、同居する方、同僚が高熱を出された場合はご来寺をお控えください。

・消毒液での消毒

ドアノブなど多数の人が接触する箇所に関しましてはウィルス除菌に有効とされる消毒液での消毒を行います。

・換気を行います

ウイルス対策にはこまめな換気が有効とのことから、基本的に朝、昼、夕方の3回換気を行います。

・感染の疑われる方のご来寺の制限

激しい咳や熱など風邪の症状がある方、同居する方にこのような症状がある方のご来寺はご遠慮ください。

・検温のご協力とマスク持参のお願い

ご自宅出発前に検温して慧光寺にご連絡をください。

ご自身の平熱より1度以上高い場合はご来寺をお控えください。

入室時に検温をお願い致します。検温拒否或いは37.5度以上の熱のある方はご入室をお断りいたします。

・今後も引き続き情報収集に努め適宜対応致します。

このような時だからこそ、語らいのひとときや深呼吸出来る場が大切だと思います。オンラインでの居場所づくりなどに努めて、インターネット環境のない方への電話での声かけなどを通じて孤独感などへの対応を積極的に展開してまいります。

慧光寺住職 山下證善